観望内容・プラネタリウム番組案内

星空の見方

ギャラリー

よくある質問

最新情報

2015.3.1

3月の観望情報を更新しました。

4月のイベント情報を更新しました。

予約情報を更新しました。

2014.4.1





栃木パスポートおもてなし施設
ふれあいの丘天文館は、おもてなし施設になっています。
栃木パスポートをお見せいただくと、 入館料(大人、小人、宿泊大人、宿泊小人のみ)が2割引きになり、絵はがきが1枚もらえます。

【携帯電話】で星の写真が撮れるようになりました。
昼:太陽、月、金星の写真。  夜:月、金星、木星、土星の写真。
※その時期、時間帯に見れる天体を撮ることができます。
※観望人数が多いときは撮ることができません。
携帯電話の機種によっては撮影できない機種もあります。
あらかじめご了承ください。

2010.12.1

開館時間利用料金予約方法アクセス等については
「ご利用の案内」をご覧ください。


観望情報

今月の1枚
皆既月食

基本情報
【月の見やすい時期】3月 1日、 2日
            24日~31日
【星の見やすい時期】3月10日~23日  
【金星】第1~6回で観望可能。
【火星】観望不可。
【木星】第6~8回で観望可能。
【土星】観望不可。

4月4日に皆既月食
去年10月8日もありましたが、続けて今年の4月4日にも起こります。皆既月食は、起こらない時は2,3年起こりませんが、起きる時は続けて起こります。
前回10月は、雲が多く雲の切れ間から月食を楽しむ感じでした。今回はきれいに見えるでしょうか。
今回の月食は特徴的なことがあり、皆既月食になる時間がとても短いのです。前回10月は皆既が1時間ほど続いたのですが、今回は皆既が12分しかありません。肉眼で見ていると影の境界線がはっきりしていないのでいつ皆既が始まったのか分かりづらく、今回のように短いと皆既になったかどうか肉眼では分からないかもしれません。どのような姿で見えるのか楽しんで待ちましょう。

木星が観望好期
1月2月は季節風が強く、望遠鏡で見ると木星が揺れてしまい、縞模様がはっきり見えない日が多くなります。3月4月は風も弱まり、縞模様がはっきり見える日が多くなります。3月になり衛星同士が重なる相互食も多くなります。

  皆既月食(2011年12月)
2011年12月の皆既月食の写真です。前回2014年10月の皆既月食は、雲の隙間から見えた状態だったので、写真は撮れませんでした。このように月の表面がくっきり見えるように撮影するには望遠鏡に取りつけて撮影しないといけませんが、300mmくらいのカメラレンズでも月食の形を撮影することができます。挑戦してみてはいかがでしょうか。ポイントは、モードをマニュアルにして、ピントを手動で合わせることです。露出は、感度、絞り、シャッタースピードを調整して、自分でいいと思う露出にしてください。枚数は気にする必要はないので露出を変えて何枚も撮ってください。


イベント情報

 

天文現象観望会:「皆既月食観望会」を実施します。詳細はこちら

初心者天文講座:「春の星座と金星、木星、星雲・星団を見よう 」を
実施します。 詳細はこちら

       

初心者天文講座:「小型望遠鏡操作体験(冬) 」を実施します。
詳細はこちら

初心者天文講座:「双眼鏡で春の星空を見よう 」を実施します。
詳細はこちら

イベント等の日程は変更になる場合がありますので、最新の情報は電話で確認願います。