観望内容・プラネタリウム番組案内

星空の見方

ギャラリー

よくある質問

最新情報

2015.5.1

5月観望情報を更新しました。

6月のイベント情報を更新しました。

予約情報を更新しました。

2014.4.1

ふれあいの丘天文館は、栃木パスポートのおもてなし施設になっています。 詳細はこちら

2010.12.1

開館時間利用料金予約方法アクセス等については
「ご利用の案内」をご覧ください。

観望情報

今月の1枚
皆既月食

基本情報
【月の見やすい時期】5月22日~18日
【星の見やすい時期】5月 8日~21日  
【金星】第1~7回で観望可能。
【火星】観望不可。
【木星】第7、8回のみ観望可能。
【土星】15日から第8回のみ観望可。

木星が西の空高い位置に見えています。
望遠鏡で見ると木星の衛星(ガリレオ衛星=4大衛星)が見えます。ガリレオ衛星は木星の周りを回っているので、片側に4つ見えたり左右に2つだったり、毎日見える位置が違います。星が動いているのが実感できる1つの現象です。

金星がひと際明るく見えます。
太陽からの角度も離れて金星が見やすくなり、太陽が沈んだらすぐに金星が見つかるようになってきます。

金星・木星・月が夕方の空で共演
5月は少しづつ金星と木星が近づいてきます。
5月21日~24日は金星と木星の近くに月が見えてきます。月は毎日太くなりながら、位置を移動していきます。晴れたら毎日見てみると面白いと思います。

   皆既月食(4月4日)
今回の月食は4月初旬とあって、夜桜と皆既月食を同時に見られるのではと興味を持つ人が多くいました。当日はご存知の通り曇ってしまい皆既月食が見られた地域は少なかったと思います。メディア関係の人たちも夜桜と皆既月食の共演を撮影したいとのことで当日の天気予報をもとに関東地方では栃木県の北部がよさそうだとのことでメディアの方が取材に来ました。残念ながら曇ってしまったので東北まで行くということでした。この写真は曇った中で、肉眼では見えないが写真にとると何とかわかるという状態になった一瞬に撮影したものです。次の夜桜と皆既月食の共演は28年後ということですが見られるのでしょうか。


イベント情報

*通常観望時イベント:「65cm望遠鏡を単眼で観望」週間 を実施します。
 詳細は、こちら
*通常観望時イベント:「携帯電話で月を撮影」週間 を実施します。
 詳細は、こちら
*通常観望時イベント:「デジタル一眼レフカメラで星雲星団を撮る」
 実施します。 詳細は、こちら

通常観望時のイベントは、団体や個人で予約が20名を超えた場合は、
お断りすることがありますのでご了承ください。

6月12日に「デジタル一眼レフカメラで星雲星団を撮る」があります。
詳細は、こちら

5月8日に「デジタル一眼レフカメラで星雲星団を撮る」があります。
詳細は、こちら

初心者天文講座:「小型望遠鏡操作体験」を 実施します。詳細はこちら

5月は「携帯電話で月を撮影」週間があります。 詳細は、こちら

イベント等の日程は変更になる場合がありますので、最新の情報は電話で確認願います。