よくある質問

天文館の利用案内

予約をしないと観望できないのですか?

市内小中学生の宿泊学習利用や団体利用のほか、メンテナンス等によりご利用できない場合がございますので、 観望をご希望される方には、予め電話等で観望時間等のご確認(予約)をお願い致します。
電話(0287-28-3254)

観望不可の日について知りたいのですが?

ご予約状況のページをご覧ください。


交通アクセス

天文館の行き方を教えて下さい。

詳細については、アクセスをご覧ください。

ふれあいの丘まで来ましたが、天文館の場所が分かりません。

公道から入った大きな駐車場の北側の体育館の前を通り、ふれあいの丘シャトー・エスポワールに向かってお進みください。
詳細については、アクセスの天文館配置図をご覧ください。

駐車場はありますか?有料ですか?

駐車場情報は下記の通りです。駐車料金は無料です。
・ふれあいの丘大駐車場(天文館までは徒歩で5分程度かかります。)
・当館正面駐車場 乗用車2台分(内1台は、身障者用)

冬の道は積雪しますか ?

12月から3月の間に年2,3回、雪が降ることがあります。
「降雪時の積雪」「日蔭は2,3日雪が残ること」がありますので注意が必要です。
だだし、 冬に車でご来館される場合は、スタッドレスタイヤを装備するかチェーンを車に積んでおくことをお勧めします。


星を見る

どんな星が見られますか ?

天体観望の時間には、季節・気象条件・月齢を考慮して、職員がその日の観察に適した天体に望遠鏡を向けます。主な観望予定天体は、天体観望プログラムをご覧ください。見られる天体の数は気象条件や混雑状況によって変わります。
詳しくは観望情報のページをご覧ください。

夜の間ずっと星が見られますか?

天文館の利用時間は、通常、21時30分(最終入館は20時30分)までとなっております。
占用利用される場合は、事前にご相談ください。
ただし、ふれあいの丘の敷地内芝生で星を見ることはこの限りではありません。

くもりや雨の日のプログラムについて教えてください。

スクリーン型プラネタリウム 望遠鏡による観望はできませんので、大型望遠鏡の説明や過去に撮影した天体ビデオによる説明を行っております。スクリーン型プラネタリウムによる番組観賞は天候にかかわらずご利用いただけます。

天文館の天気について教えてください。

現在の天気状況については、天文館に電話(0287-28-3254)でお問い合わせください。
週間天気予報については、こちらをご覧ください。

望遠鏡の接眼部にカメラを近づけて天体(星)の写真を撮れますか?

撮影したい方は、職員に声をかけてください。
人数が少ない時は、携帯電話で、月や惑星を撮ることは可能です。機種により、撮れないことがありますのでご了承ください。
人数が多いときご遠慮いただいております。
一眼レフカメラでの撮影は、天体写真撮影会などに限らせていただいております。
特別なイベント時、または、望遠鏡を占用利用される場合はこの限りではありません。

服装について教えてください。

夏でも夜の観望は冷え込みますので、上着の上に羽織るものを用意しておくとよいでしょう。
特に秋から冬にかけては寒さが厳しい為、防寒対策をしっかり整えた上でご来館ください。

懐中電灯は必要ですか?

特に必要ございません。駐車場と天文台を結ぶ歩道には足下灯が整備されています。
懐中電灯を使う場合は、星を見ている人の妨げにならないようご注意ください。


施設について

天文館を作ったきっかけについて教えてください。

大田原市は、環境省が行う「星空継続観察(スターウォッチング・ネットワーク)」において、平成10年度冬期、平成12年度冬期、平成13年度夏期、冬期と過去に4回日本一となりました。
この“日本一きれいな星空が見える”大田原市(ふれあいの丘)において、子どもから大人まで継続的に星空を観察することを目的に、ドームを備えた天体観測施設を整備しようと計画しました。スターウォッチング・ネットワーク また、この美しい星空がいつまでも見られるように「自然を守る・環境を守る」という心を培い、地球環境保全の意識を高めることも目的としています。大田原市ふれあいの丘敷地内に整備された「天文館」が、大田原市の新しい生涯学習拠点施設としての役割も大きく、 市内・近隣市町の方々はもちろん首都圏・全国からも多くの方々がご来館され、美しい星空に触れ感動していただけることを期待しています。
※星空継続観察についての詳しい情報はこちらをご覧ください。

パンフレット等に「ユニバーサルデザイン」と書いてありますが、どういう意味ですか?

体に障害を持っている方から健常者の方まで天体観望を楽しんでいただくために、館内にはエレベーター、スロープが設置されています。
2階では、車椅子に乗ったまま見学したり星を観望したりすることができます。
1階には障害を持つ方に対応した多目的トイレがあります。
本館正面には、身障者用として駐車場(1台)を用意していますのでご利用ください。
館内では車椅子(1台)の貸し出しが可能です。

デュアルワンダーアイとは何ですか?

デュアルワンダーアイ望遠鏡の覗き口の高さをお客様の身長に合わせ調整し、二人同時に観望できる装置です。

施設内(望遠鏡)の写真を撮れますか ?

施設(望遠鏡)の写真撮影は可能です。ただし、星を見ている人がいる所(夜のドーム内など)では、星を見る妨げとなりますので、照明やストロボを使っての撮影はご遠慮ください。

飾ってある天体写真は販売していますか?

販売は行っておりません。
代わるものとして「記念はがき」がありますのでご利用ください。
5種類(月、土星、ほか)一式で200円です。

車椅子のまま入館できますか?

ご入館いただけます。

ペットを連れて行けますか

介助犬を除き、ペットを連れてのご入館はご遠慮いただいております。

館内での飲食、喫煙は可能ですか?

館内での飲食、喫煙はお断りしております。